ふたご座流星群



  毎年12月14日の前後2日程度は流れ星がたくさん見られる日です。
ふたご座あたりを中心に放射状に全天に流れ星が見られるので、
「ふたご座流星群」と呼ばれています。

「ふたご座流星群」は肉眼で見ることができます。近くに明かりが
ない場所まで移動してください。
3分ほど我慢していると、星が見えてきます。

日時は12月13日か14日が一番よく、時間帯は午後8時以降、
可能ならば午後10時以降、さらに良いのは真夜中以降です。
詳しくは以下をご参照ください。

国立天文台 ふたご座流星群2018

星に関して質問などがありましたら、以下までご連絡ください。
 contact @ toyama-tenmon.com(@は半角に直して詰めてください)

移動天文教室を受け付けています。

移動天文教室をご希望の方はこちらをご覧ください。
ただし、夏休み期間中の土曜日での開催は難しいと思われますので、ご了解のほど、よろしくお願いいたします。